So-net無料ブログ作成
検索選択

プロジェクトGT-R [本]

開発責任者自らが語る日産GT−R。Motor Fan illustrated編集「日産GT-Rのテクノロジー
同様これは読まずにはいられないですね。
「日産GT-Rのテクノロジー」は09モデルやスペックVを解説した補強改訂版を
出して欲しいと思ってますがそれは一応置いといて。

読み終えた感想としてマニアックな本だなーと。ある程度わかってる方向けです。
一応GT-R開発の裏側という体裁をとってますが、実際は組織論ですね。
その辺は「人と金と時間が組織を駄目にする」という一言に集約されています。

話はそれるのですが個人的な意見として、クルマに限らない話かもしれないですが
免許から始まって技術・安全やブランド等々クルマにまつわる事柄は
他所からやってくるのが当然だと思っているような人が多すぎると感じます。
結局のところクルマは欲望の商品ですよね?
もちろん商売上の都合でいろんな衣を纏うのですが、スポーツカーとか
スーパースポーツのような趣味や道楽のためのクルマは始めに作り手のエゴありき
ではないかと思うんです。他がなんだろうと俺が一番正しいんだっていう。
F1はそれが顕著ですよね。エゴとエゴのぶつかりあい。
そう考えると国産車でスポーツカーというジャンルが減少の一途
というのはある意味当然なんじゃないかと。
下手すると市場に出して賛否を問う前に同じ社内の人間に
前例に無いからとか、もっと○○のようなクルマを作れとかお役所のような
意見でやられてしまうんですから。
やっとこさ市場に出したところで最初に書いた理由でこれは本物ではないとか
それに比べて○○は素晴らしいと言われてしまうし(笑
そんな四面楚歌かつ孤立しがちなスポーツカー開発者にとって
独立した権限を与えたカルロス・ゴーン氏の功績はとてつもなく大きいと考えます。
日産GT−Rの生みの親は水野氏とゴーン氏であると。
nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 2

Alewife

おひさしぶりです。

何かと賛否両論多いゴーン氏ですが、
GT-Rの件ではさすがという感じです。

今やF1もやめてミニバンメーカーになってしまった
某社もこの辺りは学んだ方が良いかと・・・。

でも大衆車クラスでは状況が逆なんですけどね(笑)。
by Alewife (2009-03-12 02:36) 

wadia

>>Alewifeさん
おお、大変ご無沙汰してます。
まぁ毛並みのいい人間が揃ってるのか良くも悪くも商売は巧いよね>某社
今後は某社といえば車やモータースポーツじゃなくて
ロボットになるのかもしれないけど(笑

某日産は販売店がね〜。今後の販売状況が続けば
自動車メーカー各社一斉に販売店の再編があるかも。


by wadia (2009-03-12 19:33) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。