So-net無料ブログ作成
検索選択

あしたの発想学 [本]

名前と仕事は以前から知っていたものの、著書は読んだ事が無かったので借りてみました。
困難で誰にもできない仕事を知恵と技術で成功させてしまうのは多くの方がご存知だと思いますが
一方で安くて儲からない仕事を儲かるように自動化して儲かるようにする=困難な仕事の資金源に
というのは意外で目から鱗でした。車の両輪のごとくこれらは繋がっていると。
人間関係、仕事との向き合い方等々示唆に富んでいて唸らされます。

あしたの発想学 (かに心書)

あしたの発想学 (かに心書)



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

シティ・オブ・ビット [本]

レンゾ・ピアノ - jkondoの日記
http://d.hatena.ne.jp/jkondo/20080408/1207603340
その上に建築と同様、美、詩的、都市的責務というものが加わらなければ価値のある場所に変化しない。特にネットコミュニティの場合には、そこに多くの人が集まって長い時間を過ごし、多くの人と対話を行う場所としての性質がある。

丁度シティ・オブ・ビットという本を読んでいたので色々考えさせられますね。
1995年にMITの建築学科教授であるウイリアム・J・ミッチェル
によって書かれた本です。建築の専門家がネット社会における建築と都市の
変貌と未来を分析しつつ、どう有るべきかを考察しています。
十年以上前に書かれた本なので、今読むと冗長な部分も多々見受けられるものの
現在のネットを取り巻く環境をかなり正確に予測している事に驚かされます。
ただし、現在建築家によるビットシティというアプローチは皆無に等しく、
パソコン上のバーチャルな建築(以前はアンビルド建築とも言われましたが)
を如何にリアルな建築に置き換えるかという点で著しい進歩を遂げたのは皮肉に感じられます。

P288訳者あとがきより
考えてみれば当たり前の事だが、コンピューター自体は何も情報を持っていない。 情報を持っているのは人間なのである。情報を持った人間同士が出会えるからこそ、コンピューターネットワークには価値がある。そのとき、コンピューターネットワークは人間の生活を支える「場」として、 「環境」として、「空間」として、われわれの前に姿を現す。それはまさしく、「ビットの都市」なのだ。


シティ・オブ・ビット―情報革命は都市・建築をどうかえるか

シティ・オブ・ビット―情報革命は都市・建築をどうかえるか




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:blog

オックスフォード・サイエンス・ガイド [本]

科学の面白さと奥深さを堪能出来る良書。一家に一冊あっても良いぐらい。
この手の本によくありがちな難解な数式等々は出てこないのは有り難い。
扱っている項目が膨大なので頭から読んでも良いし、読みたい所だけ
拾って読んでも面白いです。

オックスフォード・サイエンス・ガイド

オックスフォード・サイエンス・ガイド


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

ヒトと機械のあいだ―ヒト化する機械と機械化するヒト [本]

ヒトから見た機械、機械から見たヒトをロボットライフログ・人工臓器・量子コンピュータ等々
具体例を絡めて論じた本。文章は平易で読み易く、対談は様々な専門分野に
ついて語られるので刺激的かつ興味深い。
ヒトは機械によって変わるのか、ヒトは何処に向かおうとしているのか非常に考えさせられる。
誌面の都合なのかどうか分かりませんけど、機械の発展において軍事や宇宙産業との関わりが
殆ど取り上げられていないのは気になりました。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

チームハックス [本]

チームに関わる諸問題を仕組みによって解消し、チームである事のメリットを最大化する為の
手法を解説した本。筆者二人が実践を繰り返した結果だけあって説得力が違います。
終章の”「メンバーシップ」が人を動かす”にはとても共感を覚えましたね。
本書の特に気に入った所を引用すると
>つきつめていえば、仕事は人間関係の中から生まれてくる物です。
>そして人間関係の中で進められ、仕事の完了とともに新たな人間関係を作り出したり
>それまでの人間関係を深めたりします。
『第三章まとめ、コミュニケーションの「困難」を克服する』より

日々色んな人達と共同で仕事をする事があるので、幾つか実践してみたいですね。
ただ、PC操作に難がある方も少なからず居るのでもう一工夫必要だと感じます。

チームハックス 仕事のパフォーマンスを3倍に上げる技術

チームハックス 仕事のパフォーマンスを3倍に上げる技術

  • 作者: 大橋悦夫/佐々木正悟
  • 出版社/メーカー: 日本実業出版社
  • 発売日: 2007/07/26
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

P.F.ドラッカー―理想企業を求めて [本]

ドラッカー氏の最晩年に独占密着インタビューと世界各地での取材を重ねた本です。
ドラッカー氏の著作は何冊か持っていますが、この本程分かり易く事例が具体的な本は中々無いのでは。
著者はドラッカー理論を実践し続けている具体例を興味深い形で展開すると同時に
人間としてのドラッカー氏を表現することに苦心していてとても読み応えがあります。

P.F.ドラッカー―理想企業を求めて

P.F.ドラッカー―理想企業を求めて


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

建築家の講義 ル・コルビュジエ [本]

ル・コルビュジエ展の予習を兼ねて。
原書は1943年に出版された幾つかの講演の記録だとか。
教育や社会に対する鋭い視点には頷かされる。

建築家の講義 ル・コルビュジエ

建築家の講義 ル・コルビュジエ


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

ニッポンの素 [本]

いわゆる産業ルポ物です。
鉄やガラス、アルミニウムといった身近な物から水や絹といった以外な物まで。
製造工程から起源、そして未来まで丁寧に書かれています。
機械関係は嫌いではないので何々はこうでしょう?的な先入観が少なからずあったのですが、
現場の最先端で働く人達の創意工夫には、浅はかな先入観を打ち砕く程のインパクトがありました。
技術と人間の在り方は今後どうあるべきなのか、今や大量の物に囲まれた一人の人間として
深く考えさせられます。

ニッポンの素―ルポ「今」を支える素材産業

ニッポンの素―ルポ「今」を支える素材産業


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

フューチャリスト宣言 [本]

8日には手に入らず、9日に入手し読了。
面白事には面白いのですが、既にネットで観た記事を編集して纏めたような錯覚に捕われます。
ネットで発表会(Appleとか)の記事をリアルタイムで見て
一週間とか一ヶ月遅れで雑誌に載った記事を読む感覚に近い。
どちらかというと本編よりも梅田望夫さんが89年にAppleと仕事をしていた事が
興味深いです。当時前後してAppleから依頼されてプロダクトデザイナー川崎和男さんが手がけた
POPEYEやMind Top等のデザインが進んでいた筈ですが、接点は無いだろうなぁ・・・。
結局POPEYEやMind Topのプロジェクトはキャンセルされてしまったので
プロトタイプが残るのみですけども。

フューチャリスト宣言

フューチャリスト宣言


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

続 直観でわかる数学 [本]

これは借りた本ですが、予想以上に面白いです。
なんてことのない小学校レベルの四則演算を取り扱っているのですが
筆者独特の解説が痛快です。
割と当たり前だと思っている数学の知識に対し、仮説を立て試行錯誤
するプロセスには感銘を受けました。
是非前作も読んでみたいですね。

続 直観でわかる数学

続 直観でわかる数学

  • 作者: 畑村 洋太郎
  • 出版社/メーカー: 岩波書店
  • 発売日: 2005/10/20
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。